2006 年 8 月 のアーカイブ

12

アニメがお仕事!(5)

2006 年 8 月 28 日 月曜日

●アニメがお仕事!(5)
石田敦子「アニメがお仕事!」の最新刊が発売。以前から友人にそれをまくし立てられてた僕は今日の朝一番で購入いたしました。とは言っても起きた時間の都合上昼頃でしたが。電車の中で読みました。電車の中で。失敗したなー。思いっきり泣けなかったよ。きっと僕の目はうるうるしてました。ただ、友人は単行本の最後の方でと言ってましたが、実際は中ほどだったので、ココで盛り上がっていいのかと盛り上がりきれず、その後は軽く肩透かしでした。ちょっと勿体無かったので、家に帰ってからも一回読みました。なかなかの感動です。人の記憶に残るような仕事が したくなるね

にしても石田敦子もなかなかいい漫画描きよるね。ほんとに上手いと思う。絵の話じゃなくね、漫画の話。ストーリーの作りもしっかりしてるしね。適度な長さの伏線、キャラクターの心の動きの的確さ・分かりやすさ。淡々と言葉で追い討ちかけつつ、大胆な感情描写がグッと感動を誘うよ。筋がさ、すっきり通ってんだよね。だけど、ただシンプルってわけではないし、細かく描きだしてもいる。そこらへんやっぱ女性なのかなー、と思う。ジャンプとかに載ってる漫画とはレベルがちげーな、と申し訳ないながら思ってしまった。まぁ、それ以前にカラーが違うんですがね。だから何って話ですが。

で、イチ乃ちゃんを描いてみたけど、似ないね。ページめくりつめくりつ見ながら描いてみたけど、なかなか難しいね。髪型とか。あのペン使いが出来ないと描けそうにないよ。


Comments

エウレカセブン総評

2006 年 8 月 27 日 日曜日

今更だけど、エウレカセブンの総評をしたいとおもう。

●評価できる点
非常に出来の良い、所謂「伝説の作画」になるような数話分は、その作画の面において評価できる。1話で見せたテンポの良い展開、作画。26話で見せたまさにアニメーションと言える作画。一見の価値があるフィルムである。また、「トラパー」のある世界観が、ロボットモノをポップでクールな作風で仕上げるスタイルと見事にマッチして、革新的だった。そのポップさを見事にデザインした吉田健一のキャラクター達、世界観設定がまさにこの作品の魅力といっていいと思う。

●評価を下げる点
しかし、シナリオその他のソフト面については最初から最後まで一貫性のない、お世辞にもレベルが高いとは言えない。キャラの感情は、キャラデから浮いた歯がゆいものとなった。また、少年の成長物語だったはずが、最後の最後は自分からの意思でヒロインを救いにいくでなく、いじけてるところを励まされて、という始末。このアニメはこういうアニメだ!っていう位置付けが最初から最後までグラグラにぐらつき、いいシーンはあったけど、作品を通して得られるものはない、という感じに仕上がっている。そして、肝心の作画も、吉田健一が積極的に関わってない回は良いでも悪いでもなし、さらにはグロス出しと思われる回も続出。ストーリーも駄目で、絵も駄目な、そんな回がたくさんあるアニメでした。

●総評
総合評価で言えば★★☆☆☆というレベルというように思う。少なくとも、単純に人に薦めることは出来ない。ただ、どんなにポンコツな車でもどこか一箇所良ければ好きになれることがあるように、総合で評価しなければ良い部分も多々ある。1話と26話(その他忘れた)は少なくとも、堂々と人に薦めることが出来るフィルムだと思う。それがために僕はこのアニメを観ていたし、その部分に関してだけは絶対的な評価を与えている。


Comments

ふひーー

2006 年 8 月 25 日 金曜日

サークルの活動に顔を出し、久々に外で絵を描く。描いたので載っける。載っかってるので見る。

ねむいなー ねむいぞ?

島本和彦「燃えよペン」、今更ながら買ってみる。いや、ずっと欲しかったんです。ほんとに。今揃えたい漫画は 1.島本和彦の漫画、2.日本橋ヨヲコの漫画、3.久保ミツロウの漫画の三つ。(少なくとも俺は)絶対損しない、アツイ何かを持ってる漫画家たちだっ!どれも冊数があるのでなかなか手が付かないけどねっ。だから今日は一冊で買える物を買ってみた。やっぱり面白いなーーーっ!島本和彦、あつい、アツすぎるっっっ!!最高ですたいっ

久々に五十嵐大介「魔女」を読み返す。いや、やっぱり天才だよ、この人。すげえ、すごすぎです。この有機的で緻密な描画、表現力。天才、だと思う。同著「リトル・フォレスト」の方を見てても思うけど、感覚がね、いいんだよね。この人はこんな世界観の中で生きてきたんだなっ、って感じがする。その感受性的に圧倒されるし、共感させられてしまう。どこまで僕が感覚を共有できてんのかはサッパリだけどねっ


Comments

machineeee

2006 年 8 月 22 日 火曜日

何を描く気も起こらなかったので、久々にメカを描いてみる。なんだろうね このメカ、というメカしか描けないダメぽですが、メカを描くのも結構好きです。ていうかあれだね、エフェクトうまくなりたいね。エフェクトエフェクト!

●Picasa
ついこの前、スライドショー用にフリーソフトを検索してて見つけました。Google製画像管理ソフト「Picasa(ピカサ)」。もう大分有名なのか、な?登録したフォルダの画像を自動的にサーチ、アルバム化してくれる。特に、時系列でフォルダを並べてひしひしとしたアルバム感のある「タイムライン」機能はなかなかのもの。簡単な画像補正機能も備えるほか、スライドショー機能、ギフトCD作成機能など、とても充実。特筆すべきはそのGUIの綺麗さにあって、スライドショー・ギフトCDのスライドショーなどは、「プロみたい」とため息の漏れるかっこよさです。それもフォルダやラベル(音楽再生ソフトで言う再生リストみたいなもの)を指定するだけで、自動的に作成してくれる。操作が簡単な分オプションは最低限で、僕みたいにカスタマイズ大好きな人からすると、自由度はお世辞にも高いとはいえないけど、元々のクオリティーの高さで十分にソレを補える出来。「Picasa」オススメです。Googleの好感度上がる一方なんだけど、いつ裏切られるか怖いくらい。

<Picasa>
http://picasa.google.co.jp/index.html


Comments

困ったらパーカー 狙ってもパーカー

2006 年 8 月 19 日 土曜日

どんなときでもパーカーで解決!

●ワンダーフェスティバル2006夏

明日は年に二度のワンフェスの日ですよ。ワンフェスはホビー(模型)分野では国内最大の祭典。今回は僕は行けませんが、所属サークルはいつもどおりディーラー参加なのであります。ビッグサイト東館みたいですね。小学生以下は無料!だそうです。模型に興味あるすばらしい子は是非行ってみましょう。戦車?美少女フィギュアまで、何でもアリです!にしても海洋堂はサイトの意識が甘いなー

<ワンダーフェスティバル2006夏>
http://www.kaiyodo.co.jp/wf/

●Core2 Duo

つい先々週に発売されたばかりのIntel社最新型CPU、Core2 Duo。早速秋葉に嵐を巻き起こしてるようですね。一時品薄となるも、この週末にどっしり再入荷だとか。驚異的なクロックで爆発的に普及したPentium4は、クロック数に比例して消費電力と発熱量がネックとなり、先が見えなくなった。次いでPentiumD、Core Duoが発売。PenDはPen4の延長であり、消費電力・発熱量はネックとして抱えたまま、ただ2つくっつけただけのデュアルコアとなり、見合う性能とは評価されなかった。間にCore Duoを挟むが、これはモバイル向け。そして、ネイティブにデュアルコアCPUとして設計された、Core2 Duoの発売なのである。これはPen4に続く、大ヒットとなる見込み、のようですよ。大本命だとか。皆さん乗り遅れなきよう。しかし、今年・来年中にも、IntelもAMDもクワッドコアCPU(4つのコア)まで発売するとか。それも要注目。

<AKIBA PC Hotline!の記事>
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060805/etc_core2duo.html

●PLC/コンセントでインターネット

今話題のインターネット方式、PLC。なんとコンセントにPLCモデムの端子をぶっさすだけで理論値200bpsのインターネット接続が出来るとか。アパートとかマンションとか、ブロードバンド移行できないソレも問題解決かも!?僕もまだあまりよく分からない話なので、違うかも。でも、要注目ですよっ!

<Broadband Watchの記事>
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/15022.html


Comments
12