2006 年 1 月 のアーカイブ

123

むひゅー

2006 年 1 月 31 日 火曜日

いやー、何度観てもいいよエウレカの新OP。つうわけでちょっと頑張ってみましたハンパにリアルでキモかったらGOMEN 厚塗りすると2時間くらい平気でかかるから嫌だ。嫌じゃないけど、楽しいけど、時間が無いという精神的縛りがあると中々やる気になれないんだなぁ・・・

今週のジャンプ感想。銀魂に爆笑。おっさんの像が倒れかかるまでの流れがやばかった。ナルト、自我が無いとつまんないよね。って気がしちゃう。冷める。ブリーチ、このグリムジョーはほんとにかっこいいな。どうしよう。ハンター、連載だね!いいね!おもしろいね!アイシールド、ふむふむふむ。みえるひと、今回はなんかすごい好き。過去の語りがざっくばらんですごい好き。何気にやっぱり漫画うまいなー、と思える瞬間。すると、絵をもうちょっと煮詰めてほしいね。デスノ、相沢さん御愁傷さま。ワンピ、さすがに過去話に飽きてくるも、最後は少しホロッと。ジャガー、ぴよひこのよだれはやばい。反則モノ。


Comments

一大イベントが終わり

2006 年 1 月 29 日 日曜日

・・・ふぅ。やっとおわりましたぜ、課題。もう一ヶ月もやってたので精神的に随分滅入りました。それもこれも要領の悪さが原因だとは思いますが、僕なりに頑張りました。これで留年ならば仕方がない、と思います。それはそれで良し。

がしかし、まだあと3教科の試験と1レポート。明日と明後日の試験勉強も全く手をつけてないのでありまして。こりゃどうしたものかね。やる気が全く出ませんぜってな具合。受験生が合格後に風邪ひくようなやつ。気い抜けちゃって何をする気も。ただ、何故かシムシティをやりたくなって、引っ張ってきてやってました。3000。ひさしぶりで楽しかったです。

今月のアフタヌーン感想。
連号の、おお振りの男の子フィギュア。もうどうしたものかと。買いづらいったりゃありゃしない。よくよく考えて見ると、半分くらいしか読んでるのないしなぁ。まぁロボとうさ吉しか読むものがないシリウスはとうに買うのをやめてしまいましたがね。何はともあれ、やはりおお振りは面白い!うんうん。臨死!江古田ちゃん!はちょっとマンネリ気味?ご近所さんのモッさんはちょっと面白かった・・・!あとはまだあんまり読んでない・・・ごめんなさい。

エウレカセブンの単行本3巻を買って読みました。なんか、1巻より大分絵がうまくなってきました。やっぱりまだ駆け出しだったのですか。話的にもすこし面白くなってきて、高感度プチアップです。3巻読んどいてよかった・・・!読むのやめちゃうとこだったYO。

で、エウレカセブンの新OP!!!先行配信は観てましたので雰囲気と気合入ってるのはわかってましたが、ちゃんとした画質で観てみると、もう感激!。いやー、DVDやっぱり揃えたくなっちゃうなぁ。しかし、DVDでリテイクやんないかなー。一度出したらもうやらないもんかなー。間髪入れずに出すからいけないんだよ。まったく。それに、ジャケットのデザインも気に食わない。やっぱりロゴが入ってるのがいいよ。1・2巻なんかキャンバス地のしょぼい画像加工してあるし。なんかなー。折角の吉田さん描き下ろしなのに。とかいって吉田さん自身が加工してたら閉口ですな(–;;;;。で、新OP、髪が伸びててちょっと興奮。インスパイアされつつ、描いちゃいました↑。相変わらずへたっぴですが、そのうち色塗るかも


Comments

むむむ

2006 年 1 月 24 日 火曜日

パースに凝ってみたけど、だめだぁあああ

ていうか なに なんでパンツ見えてるの

今週のジャンプ感想。
なんかあんまり書くことないなぁ。進行遅いよ、どれもこれも。ハンターはやっぱり面白いね。そこそこ気合入ってるし。デスノ、高田たんがマジうける。みえるひと、すこしおもしろい。ジャガー、うーん。


Comments

ふがああ

2006 年 1 月 22 日 日曜日

やるきでねえええええええええええええ
今日も昨日も遊び尽くしてしまった感じ
楽しかったけど。
長風呂とかもして 読書もして

あ、いばらの王の最終巻(6)の存在に今頃気付き、読みました。これまでの展開とは打って変わって(?)すごい前向きかつスピーディー、爽快な終わり。これまで暗いのが続きすぎた部分も焦らし効果?にはなってないけど、なかなか最後の快活さは気持ちがよかった。やっぱし絵うまいなー。独特。なにはともあれ、6巻まで含めてくると、結構いい作品に仕上がってるな、と思います。ぜひぜひご覧あれ。


Comments

ねむ

2006 年 1 月 20 日 金曜日

課題、出し終わったと思ったら再提出・・・!もう一週間休めそうにないです。うわああああああん

←汚くなっちゃったのでぼかしとか覆い焼きとか焼き込みとかで誤魔化そうとして失敗した感じです

養老孟司の「バカの壁」を読みました。なるほど、面白いけど、そこまで突飛なことを言うでもなく、全体的に見ると面白い部分って結構少なかった。それでも得られることは多く、情報は変わらない、人間は変わるってことでなるほど!って感じです。

そのほか、脳みそ系に並々ならぬ興味がある僕としての脳みそ系メモ。
・首を境に、首から上と下では意識が別になっている→「クビになる」という表現の無意識
・非行に走る子供は、三歳までに母親が育てにくい子供だと思ったことがある、という傾向あり


Comments
123